コンテンツへスキップ

綱取 物語k8 カジノアトピー性皮膚炎の皮膚バリア機能の形成に関わる因子を発見仮想通貨カジノパチンコリップル コイン ニュース

綱取 物語k8 カジノアトピー性皮膚炎の皮膚バリア機能の形成に関わる因子を発見仮想通貨カジノパチンコリップル コイン ニュース

綱取 物語k8 カジノアトピー性皮膚炎の皮膚バリア機能の形成に関わる因子を発見仮想通貨カジノパチンコリップル コイン ニュース

鬼 滅 漫画 新作k8 カジノ

藤 商事 パチンコ 設定 変更 ロート製薬は2019年7月19日、東京大学との共同研究により、アトピー性皮膚炎(AD:Atopic dermatitis)の皮膚バリア機能形成に関わる因子KPRPを発見し、その機能を解明したと発表した。

 研究では、ADの重症度とKPRP遺伝子の一塩基多型との相関を解析。その結果、rs4352920遺伝子座にてTTの遺伝子型を持つ人が、健常またはADが軽症の患者では29%だったのに対し、中程度あるいは重度のAD患者は50%だった。また、χ2乗検定では、TT遺伝子型を持つ人とAD重症度は有意に相関しており、その重症化リスクは2.52倍だった。

 次に、健常皮膚とAD患者の皮膚でKPRPの発現を確認したところ、ADに罹患した部位ではKPRPの発現が有意に低下していた。続いて、AD罹患部位の炎症に関与するIL-4、IL-13、インターフェロンγをヒト表皮ケラチノサイトに添加すると、KPRP遺伝子が濃度依存的に発現低下していることが確認された。さらに、KPRPが人の健常皮膚の角層直下にある3層の顆粒層のうち、第2層目に一定間隔で局在すること、KPRPが細胞接着に関わる構成因子と相互作用があることも分かった。

 今回の研究により、KPRPがADの重症化を招く可能性がある因子として特定された。KPRPを介して皮膚表面の角層バリア機能を高めることにより、アトピー性皮膚炎の重症化や発症の予防につながることが期待される。

photo健常皮膚とAD皮膚におけるKPRPの発現比較 出典:ロート製薬photoAD関連因子の添加量とKPRP遺伝子発現量との関係 出典:ロート製薬photoKPRPと細胞接着に関わる構成因子(PKP1)の相互作用の検出 出典:ロート製薬 「医療技術」バックナンバー 新型コロナウイルス感染症の難治化を予測する血清バイオマーカーを同定適応度地形から微生物の薬剤耐性進化を予測、制御する手法を開発医薬品候補分子の生体内移動を可視化する手法を開発細菌に運動装置となるタンパク質を導入し、自ら動く最小の生命体を創出直近1カ月間のひきこもり傾向を評価する質問票を開発北欧諸国が主導するデジタルヘルスの多国間連携難治性前立腺がんのアルファ線治療に使用する放射性リガンドを開発進化の過程の解明へ、鳥の羽ばたき推進力の新たな指標を確立ネズミも音楽のビートに合わせて体を動かすことを発見胸部X線画像の連続撮像で簡便かつ低被ばくに肺塞栓症を診断するシステム仮想通貨カジノパチンコgoogle ゲーム 無料

コメントを残す

業界連盟:エルドラ カジノ k8 カジノ ベラ ジョン カジノ ログイン k8 カジノ カスモ カジノ | Feed | RSS | sitemap.html | Sitemap